大阪難波 黒門で暮らそう

もっと身軽に。もっと楽しく。「暮らしをシェアする選択肢」

Garden Terrace KUROMON / KUROMON Terrace

新入居者ウェルカムパーティinガーデンテラス黒門

ニュース

新入居者ウェルカムパーティ

ガーデンテラス黒門(Garden Terrace KUROMON)に新たな入居者様が来られましたので新入居者ウェルカムパーティが開催されました。

そこで今回どんな経緯でシェアハウスに引っ越されたのか、どんな人物像なのかインタビューを行いました。

インタビューアー(イ):年齢はおいくつですか?
新入居者(新):29です。

イ:お仕事は何をされてますか?
新:これから寿司職人の専門学校に通い寿司職人の道を目指しています。

イ:職人ですか!素敵ですね。なぜ寿司職人の道を目指そうと思ったのですか?
新:元々ワーキングホリデーでオーストラリアに行っていた経験があり、外国への抵抗はあまりありませんでした。その後、日本に帰り日本で生活する中で外国への想いがどんどん膨らんでいき、自分の力で世界に挑戦したいと思うようになりました。
外国での日本人らしさの象徴として「寿司」を選択。今は全くの素人ですが、まずは技術をつけるために希望の専門学校がある大阪に出てきました。

イ:なるほど。それではなぜこのシェアハウス「ガーデンテラス黒門」を選ばれたのですか?
新:3ヶ月の専門学校の期間を考えた時に身軽に入居できる場所でシェアハウスとAirbnbの選択になりました。ただシェアハウスはオーストラリアで経験してたので馴染みがあったのと、「好立地」「素敵なお庭」「キレイな部屋」が決め手でしたね。とても気に入っています。

イ:身軽な上に他の条件も気に入ったのは大きいですね。専門学校を卒業されたらどうされるんですか?
新:卒業後は北海道のニセコで一流の接客や外国人対応を学ぶことから始め、しっかりと力をつけて世界へ挑戦していきたいと思っています。

イ:応援しています!ありがとうございました!
新:ありがとうございました!

ガーデンテラス黒門

このカテゴリーの記事

過去記事をもっと見る